自分は音痴だと思っていませんか?歌は必ず上手くなります。 自宅で音痴を克服してカラオケで目立っちゃいましょう。

 

カテゴリー:音痴とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音痴とは

このブログは歌が上手くなることを支援するブログです。

歌が上手くない人のことを音痴ってよくいいますね。

まずは、この「音痴」つまり、歌が上手くない状態とはどのような状態なのか考えてみましょう。

音痴とは、簡単に言うと音に対して感覚が鈍い人を指す言葉です。


もう少し具体的に言いましょう。

音に対して感覚が鈍いとは音程の違いを把握できずにずれてしまうことですね。

また、他にも

リズムが調節できなかったり

特定の音域を出せなかったり
(声が不自然に裏返ったり、声が小さくなったり)

という場合にも使われます。


ではもっと掘り下げて考えましょう。

音痴には2種類あると言われています。


1.運動性による音痴

 これはノドの筋肉の緊張の度合いや呼吸の乱れなどが影響して音がずれてしまうというものです。例えば緊張したら声が出なくなりますよね。そんな状態も含みます。運動性による音痴は本人が正しい音を把握できていますのでボイストレーニング等をすることで改善します。


2.感受性による音痴

 次は感受性による音痴です。これは運動性による音痴と違って本人が正しい音を聞き取れていない状態です。本人は音がずれていると思っていないので、指摘されて気付くケースも多いでしょう。こちらは正しい音を何度も聞くことで改善されていきます。
  ※ まれに先天的に耳で聞いた音を声で再現することができない場合もあります。


以上が音痴のメカニズムになりますが、

普段言われる「歌が下手な人」は実は音痴ではありません。

なぜなら殆どの場合、ちょっとした練習で改善されるからです。

もしあなたが

自分は音痴だって言われたことがあっても

自分は音痴だって思っていても

大抵の場合は改善されます。

言葉を換えると

歌が上手くなるんですよ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。